学習効果でドライバー好みのドライブを提案する機能がある

日本での運転者にとって、いまやカーナビはなくてはならない相棒

となっています。ある調査によるとその普及率は約70パーセントに

上るそうです。

その中でも機種や性能にはさまざまあるようで、スマホがカーナビ

などという方もいらっしゃるようですね。

しかし本格的にドライブを趣味としている方にとっては、ドライバ

ーの期待値に答えてくれるよき執事でなくてはなりません。最新の

高性能なカーナビは常にその期待値に答えなければなりませんが、

やはりお値段も期待値相応です。新しい機種が出たからとそう何度

も買い換えるものでもないでしょう。

そこで重要になってくるのが、長く付き合えるための機能、そう「学

習効果」です。

では、よいカーナビに求められる学習効果とはどのようなものでしょ

うか。

車の使用頻度、よくでかける場所、またカレンダーなども搭載されて

いれば曜日や日付と場所の関係性なども覚えてもらうとうれしいです。

また安全性への配慮も求めるなら、スピードの出し方などの運転癖や、

一方通行や一時停止への個性に合わせた注意喚起などもできるといい

ですね。

それぞれに求める機能はあると思いますが、すでに搭載されている機

能のチェックと更新によって付加できる機能のチェックは大事です。

最終的にはドライバー好みの休暇コースの提案ができるようになれば

最高です。

Comments are closed.